web制作をする際の注意点

ユーザー目線で考えよう

webサイトには閲覧する際の説明書はありません。そのためユーザーは今までの経験則にもとづいてwebサイトを閲覧します。あまりに斬新なデザインだとユーザーは戸惑ってしまうため、注意が必要です。また、同じサイト内でもページによって異なった表現方法を使用すると、ユーザーは混乱してしまい、直観的な操作の妨げになってしまいます。あらかじめ統一されたルールを設けておくとよいでしょう。たとえば、ボタンやリンクなどの要素の表現方法を統一しておくことで、スムーズな操作性が実現できます。そのほか、ユーザーが閲覧する動線を考えることも重要です。ユーザーがあるコンテンツを見終えた後に、その周辺に関連情報を配置するなどして連続的な閲覧を促せるとよいでしょう。

webサイトの表示スピードにも注意しよう

webサイトにアクセスしたときに、webページがなかなか表示されないとユーザーにストレスを与えてしまいます。ですから、webページの表示スピードをあげることも大事です。webサイトの通信データのなかで画像は大きな割合を占めます。そのため、画像をあまりに多用しすぎるとwebページの表示に時間がかかってしまうので注意が必要です。どうしても画像を多用しなければならない場合は、画像の圧縮やCSSスプライトの使用など、通信するデータ量を削減することが大切です。また、JavaScriptなどによるドロップダウンメニューやスライドショーなど、動的なコンテンツをwebページに盛り込みすぎると動作を重くする原因になり得ますので、動的なコンテンツは必要最低限にしましょう。

webサイト制作では、専門的な技術や知識が必要となるため、プロに依頼することでデザイン性や使い勝手などに優れた仕上がりを目指せます。

© Copyright Stunning Website Templates. All Rights Reserved.