web制作を自分でやる方法

基本のHTMLとCSSを覚えよう

HTMLとは文章構造を定義するマークアップ言語です。見出しや段落、各セクションなどをタグと呼ばれるもので定義していきます。タグは、<p></p>のように書きます。タグには開始タグ(<p>)と終了タグ(</p>)があり、そのタグの間に中身を書くというのが基本です。ちなみに、<p></p>は一つの段落を意味するタグです。
次にCSSですが、CSSは見た目を整える言語です。HTMLによって定義した各要素にプロパティというものとその値を設定することで、見た目を定義していきます。基本的には、p { color: black }のように書き、これでp要素の文字色が黒色になります。「color」がプロパティ、「black」が値で、「p」がスタイルが適用される要素です。
自分の思い通りのwebサイトを作るためには、まずは基本であるHTMLとCSSから覚えましょう。

さらにwebサイトを充実させるために

HTMLとCSSが身に付いたら、つづいてJavaScriptというプログラミング言語を覚えることによって動的なページを作れるようになります。JavaScriptを使えば、画像が一定時間ごとに切り替わるスライドショーや、注意促すポップアップウィンドウなどを作ることが可能です。
また、今まで紹介してきたCSSやHTML、JavaScriptはクライアント側(ブラウザ)で使用されるものですが、サーバー側で動くプログラミング言語やデータベースを利用することによって、より多機能なwebサイトを実現できるようになります。たとえば、掲示板の作成や会員登録システムの導入などです。HTML、CSS、JavaScriptをマスターした方は、サーバサイド言語やデータベースについても勉強してみましょう。

ホームページ制作会社とは個人や企業がホームページ作成を依頼する企業のことです。ホームページ作成だけではなく更新方法などのサポートもしてくれます。

© Copyright Stunning Website Templates. All Rights Reserved.